高遠城址の桜

posted | 05-04-17 13:58

高遠の桜高遠の桜
高遠城址の桜は「タカトオコヒガンザクラ」その花形は、ややこぶりで赤みを帯び、その可憐さと規模の大きさは「天下第一の桜」と称されるらしい。
初めて見て納得させられました。
ただ初詣並みに人を多さには、\(◎o◎)/!です。
2番目の写真でその多さが分かるでしょう。

とんでもない人の多さ!
大阪を朝の7時半にでて、ここに到着したので、1時15分でした。
なんと!6時間もかかってるんです。
ほんで、バスの発車時間は、2時30分だって言うんです。!
城址はあの櫓の向こう側にあるんですよ!
あの人込みで城址まで、何分かかると思ってるんでしょうか?
〃^∇^)o_彡☆あははははっ 笑うしかありまへんがな~
とにかく早歩きで行きましたで~


残雪と桜
櫓のある岡の上から、振り向くと中央アルプスでしょうか。桜と残雪の山々が妙にいいんです。=*^-^*=にこっ♪

桜雲橋カメラマン密集地帯の桜雲橋と問屋門
ここに到着するまでに、30分以上かかってます。
落ち着いて写真取れる状態では、ありません。
絞りをどうしようか、露出補正がどうたら、考えてる暇ありません。
ま~たとえ考えても、そない代わり映えしませんがね~(^-^ )
ただプログラムAで、ちょっとプラス補正して撮りまくるってました。

タカトオコヒガンザクラ
たしかに、ソメイヨシノとかに比べると、小ぶりです。もっとピンクが濃いと思ってたんですが、思っていたよりは、白かった。


トラックバック

2005桜紀行(5)「高遠城址公園」
江戸彼岸桜とマメザクラの中間種で、小振りで薄紅色の花が特徴のタカトオコヒガンザク...

posted by 奢人不久 | 05-04-17 16:48

2005桜紀行(5)「高遠城址公園」
江戸彼岸桜とマメザクラの中間種で、小振りで薄紅色の花が特徴のタカトオコヒガンザク...

posted by 奢人不久 | 05-04-17 16:48

2005桜紀行(5)「高遠城址公園」
江戸彼岸桜とマメザクラの中間種で、小振りで薄紅色の花が特徴のタカトオコヒガンザク...

posted by 奢人不久 | 05-04-17 16:49

このエントリーのトラックバックURL