2008年11月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

栗山沢の枝垂桜

栗山沢の枝垂桜

昨日は寒々とした花冷えの1日でしたが、今日はポカポカ陽気!ヽ(´▽`)ノ
きっと今日を逃すともう後がなさそうなので、大本命でもある栃尾の枝垂れ桜に行って来ました。

去年は地震の修復工事でアチコチ迂回路や片側通行があったけど、
工事も終わって道も広くきれいになってスイスイ♪
GWで道は混んでいるのかなー?と少々心配でしたが、意外と空いてましたよ。
景色が長閑で、適度なワインディングでやっぱり気持ちがいいなぁ~290号!


read more...

晩春の桜たち Part.3

sakura0421_09.jpg

「普賢象(フゲンゾウ)」です。
室町時代から京都地方にある有名な桜で、
花の中から葉化した二つの雌しべが突き出し、
その雌しべの先端が曲がっている状態が、
普賢菩薩の乗る象の鼻に似ているところから、この名が付けられたそうです。
ありがたい名前なんですねぇ~

あと三種類の桜の画像を載せていますので、続きはブログをご覧下さい♪



晩春の桜たち/Part.2

sakura0421_05.jpg

「匂桜」の一種である「万里香(バンリコウ)」です。
先日の「駿河台匂」は街中に咲いていたので、
香りがほとんど分かりませんでしたが、
この「万里香」は木の下に立つと、いい匂いをしていました。
花弁の縁の色が濃く、花には芳香があります。
荒川堤にあったものとされていますが、
北海道松前町のものが全国に広まっています。
花弁の外側の色が濃いですが、完全に開花すると白色となるとの事で、
これは真っ白だったので、完全に開花しているものだと思います。

あと三種類掲載していますので、続きはブログをご覧下さい♪



晩春の桜たち/Part.1

sakura0421_01.jpg

「従二八重桜(ジュウニヤエザクラ)」です。
北海道松前で育種された品種とされますが、詳細は不明です。
丸く大きな花弁はうねるようなしわが見られ、
開花が進んでもわずかながら淡紅白色が見られます。

今週は仕事がなかなかハードで、目も肩も辛くなってしまったのですが、
またしばらくは天気が悪くなりそうだとのことで、
ガンバって晩春の桜たちを見ようと、
「多摩森林科学園」のサクラ保存林に出かけてきました。
山道の上り下りはキツかったですが(^_^;)
それでも晩春の珍しい種類の桜たちを、たくさん見る事が出来て良かったです♪

あと三種類の桜を掲載していますので、続きはブログをご覧下さい♪



まだまだサクラ

お天気に恵まれた土曜日です。



そう言えば、この春は「いつも行く桜並木」には一度も行かなかったヨ〜。なんでかな。頭のすみっこでは「ああそうだ、あそこの桜を見なきゃ」ってずっと思ってたのになぁ。
でもでも!まだまだ、八重桜は今が見頃ですよ!湿っぽい気分になるには、まだ早いよね。



獲物

ch1278.jpg

花散らしの雨から一夜、今日はいいお天気でした。
少々風が強うございましたが。
風に乗って舞い散る桜の花びらを眺めていると、冷たい風だって待ち遠しいものになります。
この巣の宿主は今日の獲物を見てどう思ったでしょう。
小さな蝶々がかかったと思うのかしら。
それとも風流を愛でるのかしら。

桜はもうおしまいですねぇ。
最後まで魅せてくれますねぇ。



宵待ち桜…

“宵待ち”らしくないですが、確かに誰そ彼(黄昏)時です。(^_^;
幾度となく花散らしの雨に晒されている『ソメイヨシノ』でありますが、コノ木だけは未だに…。

07041201

『関山』や『八重紅枝垂れ』等紅色主体の桜が旬を迎えようとしているこのタイミングゆえ、逆に『ソメイヨシノ』のさくら色は目立ちます。
流石に週明けまでは持ちそうもありませんが、今週末は最後の花色を見せてくれそうです。



はらはらと

サクラチル

葉桜が目立つようになってきて
はらはらと散る桜

この週末までよく桜は保ってくれた方じゃないかな
花見しても良かったなー



劇団SAKURA

  
 
              山口公演は終演近し 良席はお早めに・・・  
  
 



山下公園

 先日、横浜に用事があったので、山下公園をぷらぷらとしてきました。

営業を停止した氷川丸の周りはほんのちょっぴり寂しげで、そして桜がとても綺麗でした。


氷川丸と枝垂れ桜


read more...