2008年11月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

今年のソメイヨシノ。

(4月28日撮影)

今年も見事な咲きっぷりだった、桧木内川堤のソメイヨシノです。
昭和8年に植樹されてから70年以上、この町を見守ってくれています。
ワタシも、小・中学生時代は、毎日この景色を眺めながら通学していました。



新江の桜

新江の桜

この週末は近場で楽しめる最後の桜になりそうなのに、お天気は最悪予報…
今にも雨が落ちてきそうなドヨヨンとした曇り空だけど
これは今のうちに行くしかないでしょ!!とダッシュで身支度を整え、
カメラとレンズを持ってGO!

でね、いつものように場所はかなりアヤフヤ。
阿賀野市のHPで地図をチェックしてみたもののさっぱりわからない…
まぁ安田に向かえば何とかなるっしょ!!と走り出したら何とかなりました。(笑
だって用水路沿いの両岸約4.6kmに500本のソメイヨシノだよ?
もうね、視界の端から端までずぅ~~~っと桜色が続いて大興奮!
まぁ、どうせなら、その桜の端っこから見ていこうと安田IC付近まで行って
桜の下をのんびり走ってきました♪

でも着いたら雨…orz


read more...

駿河台匂(スルガダイニオイ)

surugadai_03.jpg

大島桜(オオシマザクラ)の一種で、その名の通りにほんのりと香りがします。
香りのある桜は「匂桜(ニオイザクラ)」と呼ばれるそうです。
江戸時代、駿河台にあった武家屋敷のヤマザクラの中に非常に香りが良い樹があり
”スルガダイニオイ”と名付けられたといいます。
ということで、本場?である東京都千代田区駿河台三丁目で撮ってきた「駿河台匂」です。
もうすでに散り始めていて、花はちょっと少なかったようですが。

surugadai_02.jpg

純白の花びらと茶褐色の若葉が上品な雰囲気の里桜。
花びらは5枚から10枚と、花によって異なります。
この場所の「駿河台匂」は、地元の人たちの要望で、
昭和63年に植樹されたものだそうです。
この並木道は「駿河台道灌道(するがだいどうかんどう)」と呼ばれています。



赤城南面千本桜 part.2

senbon_06.jpg

およそ2kmにわたる桜並木のすぐ横には、
大きな花をつけたハクモクレンの並木がありました。
雨上がりの草の上を、お互いに少し支えあいながら歩く年配のご夫婦がいて、
桜とハクモクレンを交互に見上げながら、ゆっくりと歩く後姿をパチリ。

続きはブログをご覧下さい♪



赤城南面千本桜 part.1

senbon_04.jpg

今回の旅行で一番見に行きたかったのが、
この「赤城南面千本桜(あかぎなんめんせんぼんざくら)でした。
実は宿を出てここへ向かうまでは、土砂降りの雨だったのですが(^_^;)
あきらめずに行ってみて良かったです~♪
画像の左側に見える山が「赤城山」です。

続きはブログをご覧下さい♪



外濠の桜並木(牛込橋から新見附橋まで)

sotobori_01.jpg

JRの車窓から見える桜がとても気になっていたので、
今日思い切って帰りがけに途中下車してみました(笑)
一番キレイに見えた時よりはやっぱり花が少ないです。
昨日の雨(みぞれ?)と風の影響もあるのかなと思います。

↑の画像は、JR飯田橋駅を降りてすぐの「牛込橋」からの一枚です。
水上のデッキは「CANAL CAFE」というレストランバー。
この時期は平日でも入るのに長蛇の列が出来てます(^_^;)

(続きはブログをご覧下さい)