2007年11月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
 1 / 2 /all

足湯@越冬ぶろぐ

posted | 05-02-10 1:33

顔がゆるんでます

冬らしい写真がなかなか撮れないので、蔵出し写真を掲載。
1年前の写真です。湯布院にある湯の坪横丁の足湯にて。
足だけしか浸かってないのに全身ぽかぽかしてきます。



かにかにかにかに!!!!

今年もご近所から、松葉蟹を一杯頂きました。
今日はカニ三昧です。


(さっきまでブクブク泡を吹いていたかにさん、すまん……)


read more...

味噌鍋

 これは随分以前の夕食の味噌味の鍋です。
 中々越冬ブログに参加できていなかった私。
 やっと参加できそうな記事を過去エントリーからですが見つけられました。
 でも味噌鍋は食べたことがないので、また勝手に想像で作ってしまいました。

7UDfn4LY.jpg


〇材料(大体です)
鮭      生2切れ
鶏もも肉   1枚
牛蒡     一本
人参     1/2本
白葱     1本
糸こんにゃく 1パック
生姜     1欠け
白菜     300グラム
しめじ    1パック
エノキ    1パック
椎茸     4枚
牛乳     200CC
胡麻油    大さじ1/2
サラダ油   大さじ1/2

〇味噌ダレ
白味噌    大さじ2
赤だし味噌  大さじ1
田舎味噌   大さじ1
酒      大さじ1
味醂     大さじ2
昆布だし   100CC


〇作り方
①味噌ダレを作っておく。
 まず味噌を容器に入れ、酒、味醂を少しずつ加えてダマにならないようによく混ぜる。
 次に昆布だしも少しずつ入れて伸ばす。

②鮭は食べやすい大きさに切って、熱湯を回しかけ臭みを取っておく。

③生姜は千切り、牛蒡はささがき、人参は短冊、白葱は斜め切り、糸こんにゃくは塩で揉んでから洗って茹でておいて、適当な長さに切る。
 鶏ももは一口大に切る。

④土鍋を温め、胡麻油、サラダ油をいれ、次に生姜と白葱を入れ、香りが立つまで炒めたら、③の残りの材料を入れサッと炒める。

⑤次に炒めた材料がかぶるくらい昆布だしを入れて、軽く火が通るまでアクをとりながら煮込む。

⑥食べやすい大きさに切った白菜、小房に分けたしめじ、いしづきを取った椎茸とエノキ、②の鮭を入れ、①の味噌ダレを回しかけてしばらく蓋をして煮る。

⑦鮭に火が通ったら、最後に牛乳を入れて温まったら出来上がり。


 濃厚な味の鍋になりましたが、結構気に入りました。
 最後に中華そばを入れて食べたら美味しかった。


 寒い夜にはかなり温まりそうです。



手作りラーメン@越冬

最近ブログの更新をサボっていたので、ハーボットの機嫌が少し悪かったみたい…。ごめんよ縲鰀(;_;)。

それなので、久しぶりに越冬ネタでも。
昨日は両親が出かけてひとりだったので、昼ご飯を作ってみました。
「煮込み風塩ラーメン」です。

煮込み風塩ラーメン


read more...

花と鍋

晴天に釣られて山歩きである。

寒風に咲く白梅。

ume20050130.JPG

山頂で地鶏鍋を自炊である。

nabe20050130a.JPG



とり野菜なべ@越冬

2005012201.jpg
まつやのとり野菜なべ

金沢チームオススメの「とり野菜みそ」で鍋を。
結構好みの味。おいしくいただきました。

彼らは全国の食卓の常識みたいに話すのですが、
この味噌って北陸ローカルですよね?



水炊き@越冬

posted | 05-01-17 1:31

2005011104.jpg
ぐつぐつ。

昔はキムチとか味噌とかが好きだったのに、
いまではすっかり水炊き派です。


read more...

お鍋@越冬ぶろぐ

大分冷え込んできたここ数日。
昨晩はタラでお鍋♪


 さすがに一人用の土鍋で二人はキツイ。
湯豆腐なら昆布と豆腐だけだけど、普通の鍋だと具材がたっぷり。その上ウチにはカセットコンロも無いし、あるのはロウソクであっためるウォーマーだけ。なんで、食べきったらすぐガスレンジに持っていって次の具材を投入して待つことの繰り返し。

こんど固形燃料でも買って来よう

お酒? 
当然飲んでます♪ 
今宵のお供は”酔鯨”



ぐつぐつと@越冬ぶろぐ

DSC02115.jpg

今夜のお夕飯です。寒い日には鍋物がうってつけですね。

そろそろ良いにおいがしてきましたが、まだまだ煮込み途中です。早く食べたい!!



焼きいも@越冬ぶろぐ

05010215.jpg

甘くてほくほくあったか、
冬といえば焼き芋!
鎌倉、佐助稲荷や銭洗弁天への道で出会った焼き芋屋さん。
おじさん、おばさんが一生懸命仕込んでいる焼き芋は、きっと愛情もこもった美味しさでしょうね。



next
all / 1 / 2