2007年11月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
 1 / 2 /all

春ヲ待ツ

睦月
P1000011.jpg

守山市のなぎさ公園にて、早咲きの菜の花を見てきました。

先週末に降った雪の比良山と春めいた黄色い菜の花のちょっと変わったコントラスト。
遠い春を思い、厳しい冬を乗り越える活力になりそうです(笑)


read more...

キラキラ光る梅@越冬ぶろぐ

このぐずついた天気はいつまで続くんだーー!!ヽ(`Д´)ノ ムッカー
年末から今日まで、晴れの日は2日程度しかないっ!

唯一昨日はパッキリと良い天気だったので、未開紅を撮りました。
しかしこの梅を撮るのは何回目かなぁ。いい被写体ですよ。

花がよく見えるように、今は玄関脇に置いてます。
外に出るたびフワワ~~ンと、まぁいい香り。(*´Д`*)

01_17_03.jpg
Nikon D70, SIGMA 28-135mm F3.8-5.6 ASPHERICAL IF MACRO [F5.6]


read more...

もうすぐ咲くよ @越冬ぶろぐ

睦月

honda-sony 070.jpg

夫の実家のお庭の梅が蕾をつけました。

この写真は1月9日に撮ったものなので
今頃はもっと蕾が増えていることでしょう^^



鏡開きの朝@越冬ぶろぐ

睦月

1月11日は鏡開きです♪
お供え餅をぱんっ!と割って,
おしるこ&おろしえびで食べましょうっと!

               kagamihiraki.jpg
               鏡開きの朝

         



福の神@越冬ぶろぐ

睦月

テニスボールくらいのまん丸な薬用入力剤の中に入っていたアニマル七福神のうちの2つです。

体長2~3センチのミニサイズの置物で、カエルが大黒天、ネコが恵比寿神です。

今年が良い年になるように、福を呼び込んで欲しいなぁ~。



初釜

睦月

本日は初釜のため久々の和服。

hatugama.JPG

朝から母とすったもんだしながら着付けてもらった。
出来たと思ったら「おはしょりが気に入らない!」と言われやり直し(笑)
結局1時間ぐらいで着付け完了☆

私の着物のほとんどは母のお下がりだけど、こうやって代々着れるのが着物のいいところだね^^
母曰く「見る人が見たら古いよ。この着物。母のお古ってわかるわ」って言ってたけど、私にはちぃともわかりません(笑)
気に入ってるからいいのさ♪


read more...

七草粥(@越冬)

睦月
posted | 05-01-08 8:41


 
こちらで少し触れましたが そういうわけで七草粥をしました。
 
こういう時でなくても うちではたまーにおかゆや雑炊をするんですが
普段はもうちょっと具をたっぷりにしたり 出汁を動物性(かつお)にしたり、
具を炒めたりするのと 香り付けで 油(胡麻油)を少量使ったりとかしてます。
 
が、七草粥ではいたってシンプルに。
昆布だしと、それから玄米と白米を半々で炊きました。

自画自賛するのもアレだけど 芹がさわやかで
そしてあっさりしていてとてもおいしかったです。
(料理の腕よりも 素材がよかったのかな/笑。)



七草粥

睦月
posted | 05-01-08 6:06

七草粥

この後、お粥に鮭フレークを入れて彩り良く。



七草粥[TOFU CAFE FUJINO]@越冬

睦月, 関西

nanakusa.jpg
 
 京都は北野天満宮のそばにあるTOFU CAFE FUJINOでは、1月7日に七草粥のセットが限定で登場します。去年初めて食べに行って、結構おいしかったので、今年も行ってきました。


read more...

七草粥~フリーズドライ~@越冬ぶろぐ

睦月

nanakusa11.jpg

1月7日と言えば七草粥。

せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ、これぞ七草。

このところとみに野草に興味のある私、これをみんな摘んできて食べようかと思ったのですが、止めました。

まず、このあたりで「せり」を見た事がない。それに、「せり」に似た「毒芹」と間違える危険性もある。そして、「すずな」、「すずしろ」は畑に行けばあるかもしれないけど、黙って取って来たら泥棒になってしまう。あとの四つはなんとかなるのですが、またしてもゆこに「このあたりのは汚いから駄目。」と拒否されてしまいました。よって、今年も無難に買って済ます事にします。

しかし、そこはゆこ、ただ買うんじゃ詰まらないと面白いものを見つけてきました。それがこのフリーズドライの七草セット。北海道で栽培されたもので、安心の証拠にとちゃんと袋に生産者の名前と顔写真が付いている。確かに真面目そうな方で、なるほど、この人の作った野草なら美味しいかも知れないと思えてくるから不思議です。

以下、続きは「ねこづらどき」にて。



next
all / 1 / 2