冬のひだまり

<forlandmarktower.jpg

 2月14日は、日中は風もなく

 穏やかな暖かな日でした。

 
 ふと見ると もうこんなに

 梅が咲いていました。


 目的地まで行く時は急いでいて

 気がつかなかったけど

 帰り道に、満開の梅をみつけて

 うれしくなりました。

 春はもうすぐそこまで来ているのかな。

 

 ここは横浜の西区です。

 我が母校の近くの岡野公園より、

 ちょうどランドマークタワーが

 見えていました。




今年の梅はスローペースです

080216_03.jpg

今年は東京でも降雪が多かったり、昼間の気温が上がらなかったりで、
梅の咲くペースがゆっくりみたいですね。
「府中郷土の森」を前回訪れてから半月以上が経っても、
蕾はだいぶ膨らんでは来ているのですが、開花が進んでいません。

080216_04.jpg

背景にある木も全て梅なのですが、
枝ばかりが目立ってまだ寒々しい感じでした。
見頃を迎えるのは今月の終りか、3月に入ってからかもしれませんね。



京都・洛東 雪景色~八坂の塔~

近畿

yasaka0802123.jpg

平成20年2月9日の八坂の塔です。この日の京都は大雪で、八坂の塔も雪で霞んで見えます。

ここは、夏の終わりに綺麗な花を見せてくれる百日紅のある場所です。今はすっかり葉を落としており、裸になった枝に雪が積もって、綺麗な模様になっていました。

続きを読む



京都・洛東 雪の結婚式~八坂神社~

yasaka0802102.jpg

平成20年2月9日の京都は大雪。朝から降り出した雪は夕方になっても止まず、京都の町を白く覆って行きました。

八坂神社では、その降りしきる雪の中で結婚式が行われていました。ここでは舞殿で結婚式を行った後で境内を歩いて常磐新殿に向かうのですが、これだけの雪となると足下も悪く、衣装を着込んだ花嫁さんは特に大変だった事でしょう。

続きを読む。



京都・洛東 冬景色~八坂通~

冬化粧

yasaka0802072.jpg

雪の三年坂です。この道には雪も良く似合いますね。

寒さの厳しい京都ですけれど、今だからこそ出会える景色もありますよ。



京都・洛東 雪の大文字 再び

冬化粧

daimonji0802061.jpg

平成20年2月3日の京都は、朝から雪が舞う寒い一日でした。聞いた話では、雪は7時頃から降り出し、9時頃には止んでしまった様なのですが、気温が低いためでしょう、珍しく昼過ぎまで山の雪は残っていました。

如意ケ嶽にはガスが掛かって見えたり隠れたりしていたのですが、その晴れ間を待ってカメラに納めてきたのがこの白い大文字です。

2年前に撮った時は周囲が白くて大の字が黒いバージョンだったのですが、今回は字の方が白く見えますね。横棒が薄いのがちょっと残念ですけど。

雪の大文字を見ると良いことがあるとか。
この記事を見て頂いた人にも幸運のお裾分けが出来ると良いな。




京都・洛中 廬山寺「追儺式鬼法楽」

節分

rozanji0802057.jpg

2月3日の京都は、様々な節分の行事で賑わいます。その中でも最も知られた行事の一つが廬山寺の「追儺式鬼法楽」、通称「鬼踊り」でしょう。

この行事は、廬山寺の開祖である元三大師が、宮中において悪鬼を、独鈷、三鈷の法器を用いて降伏させたという故事に基づくものです。

この続きは「ねこづらどき」にて。



節分

節分

お菓子もだ
節分の日、狙っていた豆とお面がセットのものが売り切れて
いたので、スーパーに行ったら
グリコ「コロン」の節分バージョン?が売っていたので
バニラとイチゴ味を買って帰りました。
コロンを切らないままの筒状ものですた(まんまな表現...)